トップページ 吉本隆明と語る Talk-2「心的現象論・本論」とタイトルが決まる
普及版2,000部を刊行することをめぐって、細かい支払のことまでふくめてお話させていただきました。そこは略させていただきます。ここで「本論」という名称がきまりました。
山本: 切り込むのではなくて、別のシステムを今作ろうとしています。愛蔵版300部の市場を築かなくてはいけないんですね。これが、いまの状態ですと、ジュンク堂だけが動いても、100でとまってしまう。いずれにしても300部で5万、10万の本が売れる資本の市場をきちんと作る。これがひとつです。
吉本: 疑いつつ聞きながら…(笑い)。
山本: 僕のこの分厚い本が27,000円ですね。同時に売れないからそういうことをするのだろうと言われたくなかったので、商品として量産しうる本をつくりましたが、それは20,000部です。ビジネス社だからこれは20,000部売れるか売れないかを最初にたてます。うまくいくよっていう本を作って、しかも僕の基本となる考えも失わずに、あるところで止めて、山本理論でもって企業論をやって、うまくいくわけです。
こっちは2,7000円で300部、こっちは1,500円で20,000部、しかし、印税は前のほうが多いのです。市場優先ではなく、著者優先ですからそうなります。印税10%で、あと90%どこへいっちゃったのという本作りが蔓延し、構造化されてしまっています。それは、もう、「わたし」のものではない、別のものですね。

心的現象論は序説と本論が一体化したきちんとした本をつくって、この本の理想は、読者によって箱の形もできればかえていきたいところまでたどりつきたい、色も表紙もかえられる、そういうところまで、読者と一緒に本をつくっていくところまでもっていきたいんです。そこが狙いです。そのために山本の本では2,000部は無理ですので、吉本さんの心的現象論という最高峰の本で、同時に文化生産の市場を切り開いてみよう。これも大変だとは思うのですけれど、なにをしても2000部を売ろうと。1〜2年間で。そして、300部のしっかりとした市場をひとつひとつ作っていく、そういう前提です。量産したいっていうところが出てきたときには、それはまた別に考えましょう。多分、そのあと、ようやく大手から吉本さんの「心的現象論」をだそうかということがでてくるとはおもうのですが、それはそれで、別な論理で、既存の出版社がやれるならやってみたら、ということになると思うんです。

しかし、ここは、絶対に資本の市場で、商品の市場ではない。これを本でまずつくりたい。いま、三菱電機に提言しているのですが、そこが準備しているのは、家電で家ごとの、総周りの家電開発で、単品としての商品ではなくて、冷蔵庫も暖房も全部がセットになった家電の家まるごとの開発です。300軒の家でやり、2,000万円で300軒ですと市場として、充分です。これをまだ三菱電機は量産ですから、より多くの人たちに手の届く、安くたくさん作りましょうという論理が支配的で、当事者たちも苦労していますが、量産とは別な話で、ここで開発されて、いいものがあったら、次に安く量産すればいいわけです。僕が考えていますのは、ここの家の中で2,000万円で、その人のプライベートな暮らしに相応しい家電の全体をつくりませんかっていう開発の仕方です。これは、車でもそうなると思いますし、いろんな意味で育っていくと思うのです。とりあえず、本でそのシステムをつくり、そして、ほかのものでもきちんと作っていこう、一人一人の違いに対応できるメカニズムであるということです。

吉本: 山本さんには、なにか一丁たりないんですね。たとえば、ある個人が貯金を2,000万円もっているとすると、それをもとに、あいつは、あの本はいいからやってみようじゃないか、っていうのに比べたら、はるかに損なんじゃないかなって、損がいくっていうふうになっているのではないかな。何故かをいうと、何かが一つ足りない、足りないっていうといけないんですけど、なんというか、もうひとつ、なんかがないと、日本国の都会と地方との地域的差異というか、なにか一つという感じなんですね。
現在の経済状況と、いまの出版の特性を考えていくと、もう一丁なにかがたんねぇなって感じなんですよ。
山本: この間に、もう一つわかったことが、等価交換、これが安定した秩序かと思っていたのですが、実は物凄くストラッグルなんです。このオンデマンドに等価のシステムをもってきますと、闘いの芽をどんどん生み出していくことにあるというのが、実体験でわかりました。前の印刷所とのやり取りのなかで、向こうは気づいていないだけですが、資本という不等価関係と商品、それは「社会」でもあるのですが、その等価関係全部が矛盾とストラッグルになってくるのです。その矛盾とストラッグルがおきないように、等価と社会のルールで隠蔽しているのだということがみえました。それをこちら側のシステムとビジョンで貫きますから、全部、露呈させるものですから、ストラッグルが露呈してきます。単純なことで、原価すらわからなくなるのです。

原価をだしてみろっていても、出せなくなってくるんです。はっきりいって等価交換を隠して利益をだしているのが実際なわけで、原価はなんなの、印刷代が原価なの、そこにかかわった人の経費が原価なの、その経費の価格はどう決まるの、など原価ひとつの概念が全部壊れてくるんです。そこでわかりだしたのが、価値形態が社会というメカニズムを作り上げている。それに代わるものを明示しないと脱皮できないというところがある、多分、「欠如」なんですね。その欠如は、今のぼくのイデアの中では、場所ごとの経済が成立する、あるエリアの人口20万から30万人の場所での経済が一つの暮らし全体として成立するということのメカニズムをきちんとつくらない限り、多分脱皮できない。今、実験的に福岡でやれたならばと考えているのですが、福岡に100万人口がいて、企業はひととうり全部あります。ひとりの暮らしの生まれてから死ぬまでの経済を賄える企業が福岡に全部あるわけです。きちんと構成されていけば、100万人に応えられなくても、少なくとも20万30万人には、応えられる経済メカニズムが必ずできるわけです。そうすると、環境にも貢献が可能になってきます。しかし、これをやろうと定義しても、彼らの頭の中には、ナショナル市場が入ってしまっていますから、福岡と限定したならば、自分たちの暮らしが成り立たなくなると思い込んでしまっているのです。100万人という数は、そのままべちょっとナショナルの1億人に結合してしまっています、もうわからなくなっていくのです。

20万人いたら成り立つのにです。そういうことをきちんとつくらなければ、根本的な解決はできない。これができた時は、実は、国家形態はなくなるとおもいます。これをグローバル規模で実際にやっているのは、スイスです。要するにグローバルファイナンスシステをもってきて、マーケットを世界にセッティングして、自分たちの場所の経済の維持をしていくわけですね。だから、運営の論理と理屈は全部、ジュネーブならジュネーブという場所が成立する論理をベースにたてるのです。市場でたつようなものとか、あるいは社会一般でたつようなもの、スイスというナショナルで立つような論理の立て方は絶対にしないのです。自分たちの範囲内で立つような法律までをもECを相手につくるのです。ですから、EUが法をつくると、すぐ、法律をかえてしまいます。というくらいに場所は自立していかないと、実は、この問題はクリアーできない。
1 2 3 次のページへ
吉本隆明と語るに戻る