トップページ 心的現象論本論(+序説)

吉本隆明思想の真髄の中の真髄!
『心的現象論 本論』と『心的現象論 愛蔵版』


『言語にとって美とはなにか』の連載が終わったあと、『試行』にて心的現象論の掲載が1965年10月にはじまった。
そこから、1969年8月分までをおさめた『心的現象論序説』が1971年9月に刊行された。
今回まとめた「本論」にあたるものは、1970年1月(『試行』29号)から1997年12月(74号・終刊)までの連載を
まとめたものである。
吉本氏とともに『心的現象論・本論』と命名した。氏の思想形成とともに執筆されていたのが「心的現象論」であり、
つねにそれは吉本隆明思想の思考基盤にあったものである。32年にわたる長期の連載である。『共同幻想論』よりも
前からなされていた考察であることを見落としてはなるまい。普及版は本論のみ、愛蔵版では序説と本論を合本にし、
心的現象論の定本
としていく。吉本思想、吉本隆明の思想の真髄である。

序説+本論を合本
『心的現象論』 愛蔵版
絶版となった『心的現象論 序説』と新たに書き下ろされた思想、『心的現象論 本論』を合本した豪華本を箱入で2008年8月10日に刊行しました。
■ 愛蔵版web直販特価
50,000円(税・送料込)
書店販売希望価格7万円+税を特別価格で販売。
現物の書籍と写真はイメージが少し異なります。現物は、良質で美しい装幀になっています。
読みたくなる本、学べる本、知的資本の文化生産です。
■ セット特別価格
55,000円(税・送料込)
愛蔵版と普及版セットにした特別価格にて販売します。
(本論は重複します。)
愛蔵版お申込 会員特典
愛蔵版ご購入者には、会員登録による特別サービスがあります。
詳しくは下記のボタンをクリックして会員特典についてお読みください。
心的現象論発行に至るまでの過程と心的現象論の編集理念についての詳細です。
『心的現象論 本論』 普及版
本論のみを2段組みにて制作しました。本書は一般流通され書店にて購入できます。軽装カバーつき。
■ web直販特価
6,300円(税・送料込)
在庫無し