文化科学高等研究院出版局(ehescbook.com)の書籍を紹介するページです。
 トップページ >> 書籍紹介 >>迷路と帰還 オクタビオ・パス



2015年10月15日発売 
538頁 
定価:本体4,800円+税 



 17年間メキシコに暮らした著者が、ノーベル文学賞詩人・思想家のオクタビオ・パス(1914-1998)と直接交流しつつ、 40数年間向き合い続けて表出した渾身のパス論。
 「メヒコ詩人パスを夢中に書き続けながら、実は無意識に自分という迷路からの脱出を試みていたこと、そしてさらに日本に帰還している自分に気が付くに至ったこと、この二つの気付きのうちにメヒコのパスが自分なりのパスとして蘇生していた。本書が多少なりとも世に問うものを実体として持つとすれば、それはもともと「分かる」というようなごくありふれた言葉が日常生活の何気ない瞬間に異化された経験と一体になっていることに起因する。このような経験は特に珍しいというものではない。ただ、筆者の場合、これをメヒコという異世界との出会いのなかで見出した、そしてパスの杖に支えられて読み考え、かつ励まされてきたということである。」(「読者へ」より)
 書籍内容
オクタビオ・パス-------------------言葉の魔術師
読者へ
I 詩人の内部へ『奥の細道』から
序   原野に窓を開く
第1章 パスの芭蕉---------熱愛とその構造
第2章 長詩『太陽の石』読解とその背景
第3章 短詩「街路」---------開かれた〈物語〉の彼方へ
第4章 詩作の瞬間、創造の源泉
第5章 パスとギリシャ哲学
第6章 パス・生きる
第7章 長詩『石と花の合間に』---------新旧ニ版に関する一考察

II 『孤独の迷宮』を読む
序   アリアドネの糸を求めて、迷路から
第1章 オクタビオ・パス対「透明人間」---------『孤独の迷宮』研究序説
第2章 ロス・アンピバコス---------三人のインディオ
第3章 鯛とメトラジェタ---------オクタビオ・パスのいる入江から
第4章 『孤独の迷宮』を読む1---------構造解明の視点から
第5章 『孤独の迷宮』を読む2---------流れに抗して

III 言葉は架け橋
序   詩人パスと友人パスの合間から
第1章 サパタの顔を読む
    ---------メキシコ革命のヒーローの死と再生をめぐる一考察
第2章 『孤独の迷宮を読む』3
    ---------オルテガ、大江健三郎を手がかりとして
第3章 『孤独の迷宮を読む』4
    ---------ブニュエル、吉田喜重、セアを手がかりとして
第4章 『孤独の迷宮を読む』5
    ---------ブニュエル、吉田喜重、セアを手がかりとして
第5章 四人のエスピリトロンパ
    ---------日本におけるオクタビオ・パスの知的反響
第6章 ソンブレロはパスの風まかせ

オクタビオ・パス主要作品略年譜

● El titulo del kibro que le propongo hacer : “Octavio Paz y su batalla en Japon”
● Un viaje fantastibo hacia Octavio Paz
● Un viaje fantastibo hacia Octavio Paz 2

あとがき
 著者プロフィール
阿波 弓夫
亜細亜大学、法政大学など非常勤講師。フリージャーナリスト。

<書籍紹介トップに戻る>