文化科学高等研究院出版局(ehescbook.com)の書籍を紹介するページです。
 トップページ >> 書籍紹介 >>気候危機とコロナ禍



2021年2月発売 
208頁 
定価:1,300円+税 





21世紀の環境指針となる新環境政策への思索!
新型コロナウイルス感染症と気候危機は人類の生存に関わる問題であり、コロナ禍から脱炭素で持続可能な社会への速やかな移行を進めることが日本と世界が目指すべき方向だ。コロナ禍不況からの脱却を意図する経済復興策は、同時に脱炭素社 会への移行と転換、そしてSDGsの実現に寄与する「緑の復興」でなくてはならない。首相は国会で、「二〇五〇年までにカーボンニュートラル(脱炭素社会)実現」を宣言した。緑の復興から脱炭素社会への移行を目指す取り組みは待ったなしだ。本書は移行のための新 環境政策論を国際的動向の分析も踏まえ詳細に論じた。あわせて日本や世界各地への環境と文明を巡る思索と交流の旅をつづる。
 書籍内容
第1部「緑の復興」(グリーンリカバリー)から脱炭素社会へ
・コロナ禍からネットゼロの世界へ:緑の復興と脱炭素社会へ
・気候危機:日本は何をすべきか?
第2部 21世紀の新環境政策論
第3部 環境を巡る旅と随想
第4部 気候危機とSDGsに若者がとりくむことへの期待
<書籍紹介トップに戻る>