文化科学高等研究院出版局(ehescbook.com)の書籍を紹介するページです。
 トップページ >> 書籍紹介 >>フリッツ・ラング



2008年8月発売 
128頁 
定価:2,000円(税込) 
  




 西部劇のジョン・フォード、サスペンスのヒッチコックよりも深いフリッツ・ラングのフィルムを読み解く、本格的な映画論。
 書籍内容
▼【鼎談】 フリッツ・ラングへのインビテーション
 西部劇とフィルム・ノワールの交叉 小松弘・内田隆三・山本哲士

▼【資料】アメリカ最初の月面着陸ロケット映画に関する覚書
 フリッツ・ラング

▼フリッツ・ラング論のBook List

▼フリッツ・ラングの作品一覧

▼『復讐は俺に任せろ』-- 50年代アメリカのラングに関する覚書 斉藤綾子

▼フリッツ・ラングあるいはイデアリズムから遠く離れて 小松弘

▼フリッツ・ラングの試金石
 初期監督作品におけるスタイルの形成 小川佐和子

▼フリッツ・ラングの西部劇:そしてフィルム・ノワールへ 山本哲士

▼【カラー特集】 鷹匠人づくりの文化

▼映画の場所 河北秀也
<書籍紹介トップに戻る>