文化科学高等研究院出版局(ehescbook.com)の書籍を紹介するページです。
 トップページ >> 書籍紹介 >>昼と夜の文化学



2008年4月発売 
128頁 
定価:1,500円(税込) 
  




 書籍内容
▼山本耀司インタビュー
エッジにおける仕事:プライベートを表現するファッション

▼ファッションはファッションからぬけだしている?
 ラース・スヴエンセン

▼オクタビオ・パス--詩作の瞬間・創造の源泉 阿波弓夫

▼メキシコにおけるスペイン市民戦争難民についての一考察
 その経緯、規模および状況 太田潔

▼リュック・ボルタンスキーと資本主義の変容ム正当性とエコノミー
 三浦直希

▼眼の変容--20世紀探偵小説の言説形式にかんする社会学的分析 内田隆三

▼イタリアン・ウェスタン
 セルジオ・レオーネによる切断と飛躍 山本哲士

▼【自著を語る】
 『20世紀ファッションの文化史--時代をつくった10人』 成実弘至
 『ファッションの文化社会学』 成実弘至
 『ビューティーサロンの社会学』 鈴木眞理子

▼【カラー特集】Yohji Yamamoto 08/09 Autumun & Winter Paris Collection

▼昼と夜の場所 河北秀也
<書籍紹介トップに戻る>