文化科学高等研究院出版局(ehescbook.com)の書籍を紹介するページです。
 トップページ >> 書籍紹介 >>現代都市の社会学



2015年4月発売 
128頁 
定価:1,500円(税別) 





特集「現代都市の社会学」について
特集企画:内田隆三

 今回の特集企画は、〈東京〉という名の都市の現状について、具体的かつ多角的に議論してみたいという問題意識に端を発しています。21世紀に入り「都市再生」の掛け声とともに、東京都の人口は急速に増えていきました。日本の人口減少が問題化されるなか、人々が〈東京〉へ吸い寄せられたわけです。この動的な社会過程で〈東京〉と呼ばれる都市は一体どんな現実を孕み、また、その現実は地方の現実や国土全体の現実とどんな関係で結ばれているのか?−−−そんな疑問がこの特集を動機づけています。
 ある時期から、〈東京〉はひとつの総体として捉えることが難しく、むしろ種々の断片を通して寓喩的にしか語りえない何かであり続けています。〈東京〉を切り取る寓喩的な断片があれこれ恣意的に浮上しますが、総体としての〈東京〉はいよいよ知りがたく経験しがたいものとなっています。20世紀末以降のアニメ・漫画・小説などに〈東京〉はどれほど廃虚の形象を投影したことでしょう。それらの物語言説は〈東京〉の死を物理的にイメージしましたが、このイメージの下地には〈東京〉の捉え難さが観念として横たわっていたのかもしれません。
 今日、〈東京〉への集中・集積といった趨勢はどうも新たな次元に到達しはじめており、それは〈東京〉の位置や意味や機能の変化と同時に、〈東京〉が抱える矛盾や空洞の特異な状況を示唆しているように思います。今回の特集が、これらの問題を深く考える糸口になればまさに幸いです。
 書籍内容
■ I 座談会
▼都市東京の問題系----コモンズと消費者会を焦点にして------
内田隆三、鄭栄龍、森反章夫、山本理奈

■ II 都市と集落の変容
▼都市の高齢化と居住福祉をめぐる課題
-----東京都における高齢単独世帯の増加を焦点として
山本理奈

▼限界集落の修辞学
加治隼人

■ III 現代の都市と政策
▼都市政策のなかの住宅問題
-----東京都における住宅政策の変遷
高木恒一

▼「人口」をめぐる問題系の現在
平井太郎

■ IV 都市と文化の変容
▼都市とスポーツ
-----皇居ランの生--政治
新倉貴仁

▼着物文化と都市の現在
-----レンタルと複製技術の詩学
小形道正

▼【カラー特集】
モネの庭園とジベルニーの場所設計
山本哲士

▼【iichiko note】
キューバの場所 河北 秀也
<書籍紹介トップに戻る>